フカセ釣り用の道具を買う!総額でいくら金かかるか検証しました

フカセ釣りは磯グレを釣るための効果的な釣りの技法です。ルアー釣りと比べて潮の流れを読む必要があり、そのゲーム性の高さが人気となっています。

しかし「フカセ釣りは金かかるもの」「フカセ釣りを始めたいけど、いくら位のお金がかかるのかな?」などと思っている人もいるのではないでしょうか?

今回はフカセ釣り用の道具を買う際に、総額でいくらお金がかかるのか検証してみたので紹介します。

【フカセ釣りに必要な道具一式と価格】

それではフカセ釣りに必要な道具一式を、それぞれの価格と一緒に見ていきましょう。

・磯竿

フカセ釣りを行う場合は、磯竿を購入しましょう。竿の硬さは1.25号~1.75号が良く選ばれていますが、筆者としては1.5号がおすすめです。長さは5.3メートルのものが良いでしょう。 価格は20,000~30,000円ほどのもので十分です。磯竿の有名メーカー、シマノやダイワがおすすめです。

・リール

レバーブレーキタイプのスピニングリールがフカセ釣り用にピッタリです。レバーブレーキを使いこなすには多少の練習と慣れが必要ですが、糸の出し入れが簡単なのでおすすめです。大きさは2500番にしてください。

価格は10,000~20,000円ほどのものを選びましょう。シマノかダイワがおすすめです。

・ウキ

円錐ウキを選びます。浮力は0、G2、2Bの3種類を準備すれば大丈夫です。色はオールラウンドに対応できるピンクが良いでしょう。

価格は5個セットで3,000~5,000円ほどが相場です。

・道糸

竿が1号台なので、道糸は2号位のものが良いでしょう。糸量は150メートル前後のものであれば十分です。

価格は1,500円ほどが相場となっています。

・ハリス

フカセ釣りでは瀬擦れに強い、フロロカーボン製のハリスを使用します。太さは竿の硬さと道糸の太さに合わせましょう。竿が1号、道糸が2号の場合は1.5~2.5号のハリスが最適ですね。2種類購入しておくと安心です。

価格は1,500円位と見ておきましょう。

【フカセ釣り用の道具一式をそろえた合計金額】

上記の道具を一式そろえた合計金額は、36,000~58,000円となりました。恐らく想像していたよりも、安価であることが分かったことでしょう。道具代が高いと思われがちなフカセ釣りですが、実は安く始めることができます。安く道具一式をそろえて、フカセ釣りを始めてみてはいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です