【フカセ釣りとは?】特徴や必要な道具について詳しく解説します!

ここ最近ルアー釣り愛好者の中で、フカセ釣りに挑戦する人の数が増えています。「フカセ釣りって具体的に何だろう?」「フカセ釣りにはどのような道具が必要なのかな?」などと思っている人もいるのではないでしょうか?

今回はフカセ釣りとはどのような特徴を持っているのか、また始めるのに必要な道具について解説します。

【フカセ釣りとはウキフカセ釣りのこと】

本来のフカセ釣りはとは、通常の釣りで使用するウキを使わずに、ハリと糸、そしてエサの重さだけで魚を釣る方法のことを指します。そのため潮の流れを常に読むことが求められ、ゲーム性の高い釣りとして有名です。

ウキを全く使わないと竿の長さ分でしか釣りができないので、現在ではウキフカセ釣りという方法が一般的に用いられています。フカセ釣りと言うと、ウキフカセ釣りのことを指すのが通常です。

【最大の特徴はゲーム性の高さ】

フカセ釣りの特徴はどのようなものでしょうか?メリットはいろいろありますが、フカセ釣りの最大の特徴は何と言ってもゲーム性の高さです。マキエとサシエが海中でどのような関係になっているのか、潮の流れを読みながら予測をしなければいけません。全て潮の流れに沿って、仕掛けや流し方を考える必要があるのです。このゲーム性の高さが魅力的で、フカセ釣りにハマる人が増えています。

【フカセ釣りに必要な道具を紹介】

実際にフカセ釣りを始めるためには、いくつかの道具をそろえる必要があります。1つずつ見ていきましょう。

・磯竿

フカセ釣りでは磯竿を使用します。種類はいろいろありますが、フカセ釣りの場合は長さ5.3メートル、硬さ1.25~1.75号位のものがおすすめです。

・リール

レバーブレーキが付いたスピニングリールを使いましょう。使いこなすには練習が必要ですが、糸の出し入れが簡単です。2500番のものがおすすめです。

・ウキ

フカセ釣りでは円錐ウキを選びましょう。浮力0、G2、2BのものでOKです。

・道糸

2号位の道糸がフカセ釣りにはピッタリです。糸量は150メートル前後のものにしてください。

・ハリス

フロロカーボン製のハリスを使いましょう。磯竿が1号、道糸が2号の場合は、1.5~2.5号のハリスがピッタリです。 新品なのか中古なのかでトータルの値段は異なってきますが、だいたい35,000~60,000円の範囲と思っておくと良いでしょう。思ってい

すには練習が必要ですが、糸の出し入れが簡単です。2500番のものがおすすめです。

・ウキ

フカセ釣りでは円錐ウキを選びましょう。浮力0、G2、2BのものでOKです。

・道糸

2号位の道糸がフカセ釣りにはピッタリです。糸量は150メートル前後のものにしてください。

・ハリス

フロロカーボン製のハリスを使いましょう。磯竿が1号、道糸が2号の場合は、1.5~2.5号のハリスがピッタリです。

【まとめ】

新品なのか中古なのかでトータルの値段は異なってきますが、だいたい35,000~60,000円の範囲と思っておくと良いでしょう。思っていたよりも気軽に始めることができそうですね。ゲーム性の高さが魅力のフカセ釣り、一度挑戦してみてはいかがでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です