【フカセ釣りを始めたい!】チヌ釣りにおすすめのマキエの作り方

高いゲーム性から、若者を中心に人気を集めているのがフカセ釣りです。チヌはフカセ釣りの中でも人気の魚。鯛の中でも生息している地域が広いため、河口や防波堤など身近な場所で釣れるのが特徴です。

「フカセ釣りを始めたい!」「フカセ釣りでチヌを釣りたい」と思っている人に知ってほしいのが、マキエの作り方です。マキエ作りを工夫するだけで、チヌ釣りの効果を高めることができますよ。

今回はフカセ釣りでチヌを釣る際に、おすすめのマキエの作り方を紹介します。

【フカセ釣りとはウキフカセ釣りのこと】

初めにフカセ釣りについて簡単に説明します。フカセ釣りは本来、ウキを使わない釣りの方法のことを指します。ハリや糸、エサの重さだけで魚を釣るのです。

しかしウキを使用しないと竿の長さの分でしか獲物を捕らえることができないため、円錐ウキを使ったウキフカセ釣りが現在では一般的となっています。

【フカセ釣りでチヌを釣る際に左右する、マキエの作り方】

チヌを釣る際にはマキエに工夫が必要です。チヌは水の底を泳いでいる魚なので、マキエに比重を付けて沈ませなければいけません。水の中に塊として沈んでいくことが大切です。

それでは実際にフカセ釣りでチヌを釣る際に効果的な、マキエの作り方を見ていきましょう。

◇材料

  • 半解凍のオキアミ3kg
  • 半解凍のニュー活さなぎミンチ激荒
  • ナンバー湾チヌ
  • 白チヌ

◇作り方

・半解凍にしたオキアミをバッカンに入れます。半解凍の方がカットしやすいので、必ず半解凍のオキアミを使いましょう。

・オキアミを細かくカットします。初めはさいの目状にカットして、その後でさらに細かくカットしていきましょう。

・半解凍のニュー活さなぎミンチ激荒をバッカンに入れて、さらに細かくカットしながら全体を混ぜます。なるべくオキアミの形を残さないくらいにしましょう。

・ゴム手袋を装着して、手で混ぜ合わせます。

・ナンバー湾チヌを入れて混ぜ合わせます。バッカンで混ぜにくい場合は舟プラを使いましょう。

・白チヌを入れて混ぜ合わせます。隅に混ざりきっていない部分が残りやすいので、注意してください。

・水を3~5回位に分けて入れて混ぜ合わせます。水は少しずつ入れるのがポイントです。軽く握ってダンゴ状になれば、完成です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です